携帯で見る場合は↓こちら






2010年02月12日

ヘンゼルとグレーテル

むかしむかし おおきなもりの ちかくに きこりの かぞくが すんでいました。
 とっても まずしくて あした たべる ぱんも ありません。
 そこで いじわるな おかあさんは おとうさんに こっそり たのみました。

「こどもたちが いると あたしたちの たべものが なくなってしまう。 あんた こどもたちを もりへ すててきておくれ」

「しかし そんな かわいそうなこと・・・」

「じゃあ みんなで うえじにするかい? あたしは いやだよ。 ・・・さあ はやく こどもたちを すてておくれ」
 おとうさんは しかたなく こどもたちを もりへ おきざりに してきました。
 おにいさんの へんぜると いもうとの ぐれーてるは しっかり てを つないで かえりみちを さがしました。
 もりの はずれに ちいさないえが ありました。
「わあ このいえ ぜんぶ おかしで できているよ」

 やねは ちょこれーと まどは さとうがし かべは びすけっとで できています。
 ふたりは おおよろこびです。
 むちゅうで むしゃむしゃ たべていると いえの なかから おばあさんが でてきて いいました。

「さあ なかで ゆっくり おやすみ」

「わあ ふかふかの ぺっとだ」

 つかれていた ふたりは すぐに ねむって しまいました。
 ぐれーてるが ふと めを さますと おばあさんが ひとりごとを いっています。

「うまそうな こどもたちだこと。 さて にて たべようか やいて たべようか。 どっちにしても おいしそうだね ひっひっひっ・・・」

 ぐれーてるは びっくりです。
 このおばあさんは こどもを たべる わるい まほうつかい だったのです。
 ぐれーてるは うしろから そっとちかづいて かまどを のぞきこんでいる まほうつかいの せなかを どん! と つきとばしました。

「わあ あちちち!」

 まほうつかいは もえるひの なかへ おちて しまいました。
 へんぜると ぐれーてるが いそいで そとへ にげだすと おおきな しろいとりが ふたりを いえまで のせていって くれました。
 いえに かえると おとうさんが ないて よろこびました。

「ごめんよ。 わるいおかあさんは しんでしまった。 もう けっして おまえたちを すてたりしないよ」

 それから 3にんは なかよく くらしました。

おしまい
posted by kanpaku at 17:00| 海外のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。