携帯で見る場合は↓こちら






2010年01月30日

おむすびころりん

むかしむかし、木こりのおじいさんは、お昼になったので、切りかぶに腰をかけてお弁当を食ベる事にしました。

「うちのおばあさんがにぎってくれたおむすびは、まったくおいしいからな」

 ひとりごとを言いながら、タケの皮の包みを広げた時です。
 コロリンと、おむすびが一つ地面に落ちて、コロコロと、そばの穴ヘ転がり込んでしまいました。

「おやおや、もったいない事をした」

 おじいさんが穴をのぞいてみますと、深い穴の中から、こんな歌が聞こえてきました。
♪おむすびコロリン コロコロリン。
♪コロリンころげて 穴の中。

「不思議だなあ。誰が歌っているんだろう?」

 こんなきれいな歌声は、今まで聞いた事がありません。

「どれ、もう一つ」

 おじいさんは、おむすびをもう一つ、穴の中へ落としてみました。
 するとすぐに、歌が返って来ました。
♪おむすびコロリン コロコロリン。
♪コロリンころげて 穴の中。

「これは、おもしろい」

 おじいさんはすっかりうれしくなって、自分は一つも食ベずに、おむすびを全部穴へ入れてしまいました。

 次の日、おじいさんは昨日よりももっとたくさんのおむすびをつくってもらって、山へ登っていきました。
 お昼になるのを待って、コロリン、コロリンと、おむすびを穴へ入れてやりました。
 そのたびに穴の中からは、昨日と同じかわいい歌が聞こえました。

「やれやれ、おむすびがお終いになってしまった。
 だけど、もっと聞きたいなあ。
 ・・・そうだ、穴の中へ入って頼んでみることにしよう」

 おじいさんはおむすびの様にコロコロころがりながら、穴の中へ入って行きました。
 するとそこには数え切れないほどの、大勢のネズミたちがいたのです。

「ようこそ、おじいさん。おいしいおむすびをたくさん、ごちそうさま」

 ネズミたちは小さな頭を下げて、おじいさんにお礼を言いました。

「さあ、今度はわたしたちが、お礼におもちをついてごちそうしますよ」

 ネズミたちは、うすときねを持ち出して来て、
♪ペッタン ネズミの おもちつき。
♪ペッタン ペッタン 穴の中。
と、歌いながら、もちつきを始めました。

「これはおいしいおもちだ。歌もおもちも、天下一品(てんかいっぴん)」

 おじいさんはごちそうになったうえに、欲しい物を何でも出してくれるという、打ち出の小づちをおみやげにもらって帰りました。

「おばあさんや、お前、何が欲しい?」

と、おじいさんは聞きました。

「そうですねえ。色々と欲しい物はありますけれど、可愛い赤ちゃんがもらえたら、どんなにいいでしょうねえ」

と、おばあさんは答えました。

「よし、やってみよう」

 おじいさんが小づちを一振りしただけで、おばあさんのひざの上には、もう赤ちゃんが乗っていました。
 もちろん、ちゃんとした人間の赤ちゃんです。
 おじいさんとおばあさんは赤ちゃんを育てながら、仲よく楽しく暮らしましたとさ。

おしまい
posted by kanpaku at 06:28| 日本昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。