携帯で見る場合は↓こちら






2010年02月12日

ヘンゼルとグレーテル

むかしむかし おおきなもりの ちかくに きこりの かぞくが すんでいました。
 とっても まずしくて あした たべる ぱんも ありません。
 そこで いじわるな おかあさんは おとうさんに こっそり たのみました。

「こどもたちが いると あたしたちの たべものが なくなってしまう。 あんた こどもたちを もりへ すててきておくれ」

「しかし そんな かわいそうなこと・・・」

「じゃあ みんなで うえじにするかい? あたしは いやだよ。 ・・・さあ はやく こどもたちを すてておくれ」
 おとうさんは しかたなく こどもたちを もりへ おきざりに してきました。
 おにいさんの へんぜると いもうとの ぐれーてるは しっかり てを つないで かえりみちを さがしました。
 もりの はずれに ちいさないえが ありました。
「わあ このいえ ぜんぶ おかしで できているよ」

 やねは ちょこれーと まどは さとうがし かべは びすけっとで できています。
 ふたりは おおよろこびです。
 むちゅうで むしゃむしゃ たべていると いえの なかから おばあさんが でてきて いいました。

「さあ なかで ゆっくり おやすみ」

「わあ ふかふかの ぺっとだ」

 つかれていた ふたりは すぐに ねむって しまいました。
 ぐれーてるが ふと めを さますと おばあさんが ひとりごとを いっています。

「うまそうな こどもたちだこと。 さて にて たべようか やいて たべようか。 どっちにしても おいしそうだね ひっひっひっ・・・」

 ぐれーてるは びっくりです。
 このおばあさんは こどもを たべる わるい まほうつかい だったのです。
 ぐれーてるは うしろから そっとちかづいて かまどを のぞきこんでいる まほうつかいの せなかを どん! と つきとばしました。

「わあ あちちち!」

 まほうつかいは もえるひの なかへ おちて しまいました。
 へんぜると ぐれーてるが いそいで そとへ にげだすと おおきな しろいとりが ふたりを いえまで のせていって くれました。
 いえに かえると おとうさんが ないて よろこびました。

「ごめんよ。 わるいおかあさんは しんでしまった。 もう けっして おまえたちを すてたりしないよ」

 それから 3にんは なかよく くらしました。

おしまい
posted by kanpaku at 17:00| 海外のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

金の斧 銀の斧

むかしある男が、川のそばで木を切っていました。
ところが手が滑って、持っていたオノを川に落としてしまいました。
男は困ってしまい、シクシク泣きました。
オノがないと、仕事が出来ないからです。
すると川の中からヘルメスという神さまが出て来て、ぴかぴかに光る金のオノを見せました。

「お前が落としたのは、このオノか?」

「違います。わたしが落としたのは、そんなに立派なオノではありません」

 すると神さまは、次に銀のオノを出しました。

「では、このオノか?」

「いいえ。そんなにきれいなオノでもありません」

「では、このオノか?」

 神さまが3番目に見せたのは、使い古した汚いオノでした。

「そうです。そうです。拾って下さってありがとうございます」

「そうか、お前は正直な男だな」

 神さまは感心して、金のオノも銀のオノも男にくれました。
 喜んだ男がこの事を友だちに話すと、友だちはうらやましがって、

「おれも金のオノをもらってこよう」

と、さっそく汚いオノを持って川へ出かけました。
 そして、

「えいっ!」

と、わざとオノを川に投げると、シクシクうそ泣きを始めました。

 そこへ川から神さまが出て来て、ぴかぴか光る金のオノを見せました。

「お前が落としたのは、このオノか?」

「そうです。そうです。金のオノです。その金のオノを川に落としてしまったんです」

 とたんに、神さまは目をつり上げて、

「このうそつきの欲張り者め!!」

 怖い顔で怒鳴ると、川の中へ戻ってしまいました。
 うそつきで欲張りな友だちは、自分のオノも拾ってもらえず、いつまでも川のそばでワンワン泣いていました。

 神さまは正直な人には優しくしてくれますが、それだけに、うそつきには厳しい態度を取ります。
 欲張ってうそをつくと、結局は前よりも損をするのです。

おしまい
posted by kanpaku at 11:37| 海外のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

おむすびころりん

むかしむかし、木こりのおじいさんは、お昼になったので、切りかぶに腰をかけてお弁当を食ベる事にしました。

「うちのおばあさんがにぎってくれたおむすびは、まったくおいしいからな」

 ひとりごとを言いながら、タケの皮の包みを広げた時です。
 コロリンと、おむすびが一つ地面に落ちて、コロコロと、そばの穴ヘ転がり込んでしまいました。

「おやおや、もったいない事をした」

 おじいさんが穴をのぞいてみますと、深い穴の中から、こんな歌が聞こえてきました。
♪おむすびコロリン コロコロリン。
♪コロリンころげて 穴の中。

「不思議だなあ。誰が歌っているんだろう?」

 こんなきれいな歌声は、今まで聞いた事がありません。

「どれ、もう一つ」

 おじいさんは、おむすびをもう一つ、穴の中へ落としてみました。
 するとすぐに、歌が返って来ました。
♪おむすびコロリン コロコロリン。
♪コロリンころげて 穴の中。

「これは、おもしろい」

 おじいさんはすっかりうれしくなって、自分は一つも食ベずに、おむすびを全部穴へ入れてしまいました。

 次の日、おじいさんは昨日よりももっとたくさんのおむすびをつくってもらって、山へ登っていきました。
 お昼になるのを待って、コロリン、コロリンと、おむすびを穴へ入れてやりました。
 そのたびに穴の中からは、昨日と同じかわいい歌が聞こえました。

「やれやれ、おむすびがお終いになってしまった。
 だけど、もっと聞きたいなあ。
 ・・・そうだ、穴の中へ入って頼んでみることにしよう」

 おじいさんはおむすびの様にコロコロころがりながら、穴の中へ入って行きました。
 するとそこには数え切れないほどの、大勢のネズミたちがいたのです。

「ようこそ、おじいさん。おいしいおむすびをたくさん、ごちそうさま」

 ネズミたちは小さな頭を下げて、おじいさんにお礼を言いました。

「さあ、今度はわたしたちが、お礼におもちをついてごちそうしますよ」

 ネズミたちは、うすときねを持ち出して来て、
♪ペッタン ネズミの おもちつき。
♪ペッタン ペッタン 穴の中。
と、歌いながら、もちつきを始めました。

「これはおいしいおもちだ。歌もおもちも、天下一品(てんかいっぴん)」

 おじいさんはごちそうになったうえに、欲しい物を何でも出してくれるという、打ち出の小づちをおみやげにもらって帰りました。

「おばあさんや、お前、何が欲しい?」

と、おじいさんは聞きました。

「そうですねえ。色々と欲しい物はありますけれど、可愛い赤ちゃんがもらえたら、どんなにいいでしょうねえ」

と、おばあさんは答えました。

「よし、やってみよう」

 おじいさんが小づちを一振りしただけで、おばあさんのひざの上には、もう赤ちゃんが乗っていました。
 もちろん、ちゃんとした人間の赤ちゃんです。
 おじいさんとおばあさんは赤ちゃんを育てながら、仲よく楽しく暮らしましたとさ。

おしまい
posted by kanpaku at 06:28| 日本昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。